So-net無料ブログ作成

連休のバゲット [パン]

私の会社は5連休です。
しかし2日出勤するので3連休。土曜の晩から仕込み開始、目標はバゲットレベルアップです。

さて、レシピ。
バゲット
強力粉 215g はるゆたかブレンド
薄力粉  35g 日清フラワー
砂糖    5g
塩      5g
白神こだま酵母  2g
水    158g  63%

野菜室発酵22~6、パンチ入れ、再野菜室7~16、16~18.5室温。分割ベンチ10分、ホイロ50分。
今回クープは入れ方を変えて。長いほうは削ぐように、短いほうはまっすぐで。
ハイブリッド石窯で焼成250度10分、200度15分。

開きは削ぐように入れたほうがきれいでした。日曜に妻がビゴの店に行ったのでお土産にバゲットを頼んだのです。ビゴさんのバゲットと同じ方向に削ぐように入れたら開きは甘いもののエッジも少したち、スチーム不足かな、くらいの感じ。今度は予熱後にいったんスタートしてスチームさせたあとに焼こうかと。うちのオーブンはハイブリッド石窯モードだと250度までしかあがらないため280度を試せず。今日は280度まで上げられる過熱水蒸気でで行ってみようと思います。

DSCF8699s.jpg

昨夜も仕込み、今朝も焼き、今晩も仕込み予定。すっかりパンヲタクです。

しん

おふろでとっぷーん [パパの絵本]

今日は絵本。
あまんきみこさんの絵本です。この人、満州生まれ。ちょっと親近感です。

おふろでとっぷーん (あまんきみこのあかちゃんえほん 8)

おふろでとっぷーん (あまんきみこのあかちゃんえほん 8)

  • 作者: あまん きみこ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: -



あかちゃんえほんシリーズが次女の大のお気に入り。
せりふに繰り返しが多くて自分で言えるのが楽しいらしい。

こないだ、これを開いて、
「あっくんあっくんあそびましょ」
とか言って度肝を抜かれました。もう自分で読めるんかい。
あっちゅーまやなあ。

しん

フォカッチャとバゲット [パン]

週末です。パンです。すっかりはまってます。こないだ買ったはるゆたか2.5kgがもう200gに。
最近は夜こねておいとく長時間発酵に変えたので午前中の遊ぶ時間も確保でき、いい感じ。
土曜の夜に娘たちをうまく寝かせることができて趣味の時間です。

今日はフォカッチャとバゲット。
バゲットやらカンパーニュなどハード系のパンは子供が好かんので柔らかいパンのリクエストが妻から。そりゃそうですな。娘の喜ぶ顔が好きでパン作りを始めたはずがすっかり自分の好みのハード系のパンばかり、しかも失敗ばかりしてりゃあきません。
とか言いながらフォカッチャも作りつつ趣味のバゲットも。
粉は少なめ、どちらも250ずつ。

さてレシピ。
フォカッチャ
強力粉 200g はるゆたかブレンド
薄力粉  50g 日清フラワー
砂糖    3g
塩      4g
白神こだま酵母  1g
水    130g 
オリーブ油 30g

はるゆたかは吸水悪いという噂を信じてちょっと下げて64%、cuocaのサイトで薄力粉20%でハード系にも、と書いてあるのをみて薄力粉を減らしました。水だけでこねてたら固かったのですが、ま、油が入るからだいじょぶだろ、と思って油を最後にたして捏ねたら予想通り柔らかくまとまります。油を入れるのは久しぶり、軽くまとまるしくっつかないしでラクラクです。22:40捏ね終了、室温29度一次発酵30分で野菜室へ投入。

バゲット
強力粉 200g はるゆたかブレンド
薄力粉  50g 日清フラワー
砂糖    6g
塩      6g
白神こだま酵母  1g
水    165g  66%

先週のが美味しくなかったのでちょっと砂糖と塩が多めに。こちらも吸水下げたけど、フォカッチャほどは下げず。こちらは苦戦しました。70%と大して変わらない、少し軽いか、くらいのべたつき。くっつきまくってのこね、イライラしながらまとめて23時終了の15分室内発酵後野菜室投入。

朝フォカッチャを焼いて、お昼には少なければバゲットも昼前に、お昼に足りればお昼のフットサルから帰ってきたら焼こうかと考えて就寝。今回はオーブン予熱さらに高めでやってみます。クープの開き具合とか表面の割れなさとかをうちのオーブンでは250度でも低いのかと考えています。

さて朝。フォカッチャ種を出して1時間室温戻し。分割ベンチ10分、成形後オリーブオイル塗り。30分二次発酵&余熱スタート260度。膨らみません。あれれれと思ってる間に、予熱完了に20分かかって焼成スタート、220度10分。スチーム有りで焼きました。一応少し窯伸びしたものの...

できは・・・イマイチです。

さて、次。おもったより膨らまなかったのでこら足りんとバゲットも焼きました。
室温に戻すのに30分。打ち粉をたっぷりふって分割、ベンチ10分。で成型。手のひらで伸ばして、手前1/3、奥1/3、真中で閉じてくるくる丸めて端っこを尖らせて。はい出来上がり。予熱スタート、280度。30分かかって、クープ入れ。前よりちょっと長めにしてみました。焼成は220度30分。まあまあ膨らんでクープも開いている感じ。ちょっと強めに焼きたくてしっかり茶色くなるまで。

出来上がりー。
DSCF8671s.jpg
お昼に食べました。お、こりゃ美味い。
うまく出来ました。でも固いので娘たちは食べず。フォカッチャも残され、次は美味しい柔らかいパンを焼こうと心に決めました。ハイジの白パンとかチーズを入れたパンとか。前に成功した牛乳バターロールとか。で、一緒にバゲットも焼くと。

しん

ねないこだれだ [パパの絵本]

今日は絵本を。

私のチョーお気に入りです。


ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

  • 作者: せな けいこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1969/11
  • メディア: -



絵もさることながらストーリーのシュールさがもう最高。
オチもそれでええんかい、と突っ込みたくなるシュールさです。
子どもが寝ないときに読んで脅すのにお役立ちです。

この絵本を読むまで、絵本っていうのは最後には良い気持で終われるもんだと思い込んでいました。二週に一度の図書館通いをしていると、いろんな絵本があることに気付かされます。

しん

けもの図鑑でしゃべり始め [パパの絵本]

次女の最近のお気に入りの絵本は「はじめてであうずかん けもの」。


はじめてであうずかん (2) (はじめてであうずかん 2)

はじめてであうずかん (2) (はじめてであうずかん 2)

  • 作者: 小森 厚
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1980/02
  • メディア: ハードカバー



前回図書館に行った時に長女、次女、ばあばの三人でえらんだものです。
犬のページで「わんわん!」猫のページで「にゃーにゃー!」豚を見て「た!た!」熊を見て「ま!ま!」
大興奮です。
秋に王子動物園に連れて行くのが楽しみになってきました。

しん

フランスパンとパンドカンパーニュ [パン]

本日はファミリーサポートのイベントで妻と二人の娘がお出かけです。
で、パンです。
土曜の晩から仕込みました。
フランスパン
強力粉 210g  はるゆたかブレンド
薄力粉  90g  日清製粉フラワー
砂糖    6g
塩     6g
白神こだま酵母 1g
水    210g  70%

捏ねはじめは21時。22時から野菜室で発酵です。
朝5時に出して1h置いて分割。すごいベトベトです。こりゃだめだ。成形になりません。とにかくクッキングシートに伸ばして置いて予熱250度開始。20分くらいかかったような。予熱完了と同時に220度30分に再設定スタート。クープを入れたら剃刀にくっついて離れません。なんじゃこりゃ。いちおう釜伸びをちょびっとだけしてクープもちょびっとだけ開きました。
味は、やっぱりいまいちです。。。


カンパーニュ
強力粉 120g  はるゆたかブレンド
全粒粉  90g  日清Naturat 細挽き
薄力粉  90g  日清製粉フラワー
砂糖    6g
塩     4g
白神こだま酵母 1g
水    210g  70%
イチジク  ?g
くるみ   ?g

今度はカンパーニュ。やっぱり全粒粉入りが美味しいよねーっていう妻に捧げる一作です。
こっちは21時40分から1h室温29度発酵。22:30から野菜室です。

ファミリーサポートから帰ってきて出しました。15:10~15:40室温で。こちらもべたつきますが朝のフランスパンほどではない。全粒粉効果か、とちょっと期待。でもべたつくのが面倒なのでパンチなしで適当に丸めてクッキングシートへ。予熱250℃スタート、約20分かかって修了したらクープ入れ、再設定してスタート。220度45分です。クープはちょっとマシですがくっついてくるので深めにグイグイと入れつつ離す。すぱっと切れないもんですね。

最初の三分見てました。まったく釜伸びしません。10分くらいから少し盛り上がり、クープ部が割れました。今15分経過、さらに伸びていて割れが広がっています。こりゃ期待大です。
45分経って出すとちょっと焼けすぎ感。持ってみたら「重っ!」
DSCF8668s.jpg
食べてませんがまた失敗ですか...

しん


トイレトレーニング [育児]

次女のトイレトレーニングを始めました。
次女の二歳児クラスでやっとトレーニングが始まり、ウチでもやろうとばあばが買ってくれたトレパンを使い出しています。次女は始めたばっかりなので出来ないのが当たり前なのに期待してしまっての空振りが続いています。
なぜ期待するかというと長女がとても早かったから。長女は前の保育園ニ歳児クラスですぱっと覚えてさっさとオムツ離れしました。長女は早生まれなので、1歳半位で覚えてしまったのです。次女は既に一歳と8ヶ月。長女のクラスは他の子も結構オムツ離れしており、これが普通かと思っていました。もう長女がどんな順序で出来るようになったのか私は覚えていないのですが、とにかく手間がかからず出来るようになった、という印象だけが残っています。(妻のブログを復習せねば) 二歳児クラスが終わり、引っ越して変わった今の保育園はトイレトレーニングが不得意のようで、長女が移った新学期、三歳児クラスの同級生が結構オムツ離れしていませんでした。4月、5月生まれの子もいたので、三歳の子でもまだオムツなのを見てちょっとびっくりした覚えがあります。
こういう経験を経て、次女の今のクラスを見ての妻の推測にによると、
1) 上のクラスの子と一緒にトイレに行かない (上のクラスと部屋が階違いで分かれているため)
2) 出てしまった後で便器に座らせている
という二点が前の保育園と異なるようで、ここが駄目なのではないか、と。
今朝、ちょっと気合を入れて、起きて一回、ご飯前に一回、ご飯後に一回と座らせたのですが、出ません。食後の一回目は必ず出るはずと粘ろうとしたら、座っているのが嫌なようで、次女は「なーい」と宣言し、離れてしまいました。まずいなー、と思いながら自分が歯磨きしてたら次女が来てビミョーな顔をしています。もしかして、と思ったものの歯磨き中。歯磨きを終わって次女に近寄ると案の定かぐわしいかおりが。こんなに努力した時に限ってウンチは軟便でトレパンドロドロ、お尻はドロドロ、オムツを脱がせた時にお気に入りのワンピースにま
で付いてしまうという三重苦。
もーだから言ったのに、出す前にゆーてや、さっきなーいってゆーたがな、とブツブツ怒ってお尻を拭くと、あ、怒られてる、という顔をしておもむろに便器に座り始めます。だから便器で出すんやがな、今座っても遅いねん、出す前に座ってや、とさらにブツブツ怒ると、次女は怒られてるのはわかるけどなぜ怒られてるのかわからない、といった複雑な表情を見せました。
これで妻の言ってた2)が理解出来ました。保育園で言われているようにやってるのになんで家では怒られるの?って顔なのかな、と。子供って、教育って面白いなーと実感しました。

これからは毎回ちゃんと理由を説明して、初めてトイレで出来たときに大きく褒められるように今から気合を入れて毎朝接して行きたいと思います。でも、保育園の環境から見て自分から言ってトイレで出来るようになるのは時間がかかるだろうなあ。

しん