So-net無料ブログ作成

オッサンの顔のシミ [育児]

私は顔にシミがあります。
シミがあるとオッサンくさく見えるなー、と思ってましたが、まあ、オッサンやし、と放置していました。

しかし、最近娘たちにシミがあるからオッサンや、若者ぶるのはあかん、と言われるようになり、気になり出しました。

長女いわく、順位づけはこうです。
真っ黒シミなし、白シミなし、茶色シミなし、真っ黒シミ有り、茶色シミ有り、白シミ有り。

私は茶色シミ有り。
下から数えた方が早いらしいです。

白くてシミがあるよりマシやけどな!

だそうで。

この歳になってシミ取りを調べることになるとは…

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

パパ数学塾開講! [育児]

パパ数学塾を始めました。
公式は理解していても少し捻られると間違えたり、公式自体をうろ覚えなところもある長女。
数学はとにかく問題をたくさん解いて公式を体に叩き込むのと同時に、パターンを覚えて体が反応するまでやるのが大事。

問題数を増やすには、塾に行くか家でやるか。習い事が多過ぎて、問題集を与えても家では自分では時間を捻出できない。

なら強制的にやらせるしかない。

と言うことで、火、木の夜に1h問題集を解くのに付き合うことにしました。昨日が3回目だったのですが、ピアノの練習、学校の宿題、準備、と全然追いついておらず、しんどそうです。愛する妻のブログにも書かれています。(→中学のことは忘れて休憩したい)
面倒ですが、スピードを上げれば早く終わるようにやらせ方を考えましょうかね…

こんなことならやっぱり小さいうちに公文に入れとけばよかった…たまたま今は私が時間が取れるので対応出来ますが、仕事が忙しくなるとそうもいかない。激しく後悔しています。
次女ももう公文には遅い。このままだと三年後にまたやらないといけません。
やれやれです。

子どもは低学年のうちに公文や算盤をやらせる。
これが親が将来楽をするためのアクションだったとは知りませんでした…

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

次女の課題はサーブレシーブ? [育児]

昨日は次女のバレーボールを観に行きました。
水曜のは二階から試合を観られるので弱みを把握しやすいと思い、ビデオに撮ってみました。

何となく気になったのはサーブレシーブ。
彼女は四年で、五、六年と一緒に試合に出てます。試合に出ている中では、当然ですが、下手な方です。五、六年には凄いサーブを打つ子がいます。次女は狙われます。まあ打つ方もなかなか狙い通りにはいかないとは言え、来たらなかなか取れない。

バレーボールはサーブレシーブが取れないと試合になりません。連続して狙われて連続して落とすとさすがに周囲からも責められます。

うーん、これだな。
とりあえず練習ではサーブレシーブをさせようと思います。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

説得してバレーボールの練習に [育児]

愛する妻が忙しいので、昨日も早く帰りました。

まだ明るいです。次女を誘います。

いや。

いい。

足疲れてる。

わかった、じゃあ10分だけ。ちょっとだけ行こう!新しい靴使いたいねん!(最近フットサル用の靴を新調しました)

わかった。10分だけなら。


オーバーやって、アンダーやって、サーブやって。

もう10ふんやったかな?そろそろ帰る?

いや!まだやる!


フェイントを拾う練習して、スパイクレシーブやって。

さ、帰ろうか!

うん、わかった。


素直じゃない次女を鍛えるのはなかなかメンタル鍛えられます。言うことだけを信じず、行動を信じる。時間のあるときは頑張ります!

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

次女のやる気 [育児]

昨日は早く帰りました。
次女もいました。

さ、バレーボール行こ!

いや。

行こうや!

いい。

なんで?上手くなりたいんちゃうの?

しんどいからいい。


あれ?おかしいなー。ついて来るかと思ったのに…何したらええんやろか。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

次女の依頼 [育児]

昨日、次女はバレーボールでした。
私は家で長女の試験勉強に付き合うはずだったのですが、次女からリクエストがありました。

パパ、バレーボールの練習を見て、帰りに指摘して。

え?こうしたらええんちゃう?とか?

そう。やから、早よ来て。

わかった。


次女は基本私の言うことは聞きません。なので、私に助けを求めるとは余程悩んでるんでしょう。すぐに見に行きました。

次女の通うバレーボールは四つにレベル分けされています。次女は上から三番目のクラス。知り合いの同級生で一人、二番目のクラスにいる子がいます。次女よりも上手いとコーチに思われていると言うことなので観察してみました。

違いは気持ちの差のように見えました。



ボールが来ていない時に来るかもと思っているかどうか、厳しいボールに諦めずに最後まで食らいついて行くかどうか。

ボールを返したら仕事は終わり。
サーブを打ったら仕事は終わり。
厳しいボールを追いかけて、無理そうなら触って終わり。気を抜いているので、本来なら拾えたボールが厳しくなっているようにも見えました。

決して下手ではないのですが、ところどころに気持ちが感じられないのです。

長女の時にもありました。上手くなって行くにつれて気持ちもついては来ていましたが、最後まで諦めず、集中して返すのは出来ていませんでした。緩いバレーボール教室に最初に入れたので、失敗しても怒られないことに慣れてしまったのかもしれません。笑ってごまかせばみんながドンマイって言ってくれる、そう言う気持ちでやってるように見えました。バレーボールは気持ちのスポーツ。厳しいボールに向かっていく気持ちが無いと上手くならない。

拾える、っていう自信が必要なんでしょうか。

うーん。何を教えたらいいんだろう。練習に付き合って上手くなれば自信がついて来るのかな。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

久し振りの朝練で警察官に注意される [育児]

今朝は長女と久し振りに朝練に行きました。
長女は火、水と友達と朝練しています。
水曜の夜は部活の後にバドミントンに行ってるので流石に木曜は無理。

朝、5:40に長女がトイレに起きてきました。

と言うことで久し振りにパパと朝練です。

ドリブルはさすがに迷惑なので、シュートとつかないパス練習。15分やって帰ろうとしたら警察官がにこやかに近づいてきます。

騒音苦情が出ているので、もう少し、もう少し遅くなるまで待ってもらえますか?

6:05でした(笑)。

ご苦労様です!
そりゃそーですわな。気をつけます!

近所の公園に新しくバスケットボールのゴールが出来たのは良いのですが、一個なので大人気です。夕方なんて15人くらいが群がってる。この地域、バスケットボールの人気が高いようで…

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

冷たい次女 [育児]

最近布団に入って寝るまでの間に子どもたちにお題を出しています。
お題とは、例えば草かんむりの漢字10個、とか。
答えられると次のお題を求められます。
次々計算させるようなのは目が冴えるようです。難しすぎると放棄されて次のお題を求められます。
如何に復習させてすぐに眠りにつかせるか。
ここはなかなか真剣勝負。

昨日私が布団に入ると次女だけ起きていました。

パパ、お題は?

うーん、どうしたらアンタがもっとパパを好きになるか、考えて。

うん、無理。はい次。

諦め速いな!

あ、もうどうしたらパパを好きになるかとか、どうやったらパパがもっとモテらようになるかとか、そういうお題は止めて。

くっそ…
それじゃ日本にある山の名前30個。

えっとえっと…六甲山と…6個しか思いつかへんわ…
ぐーぐー。

よしよし。ちょっと悔しいけど上手くいったぞ。

ふと思いましたが、毎日これで学校で習ったものを出せば良い復習になるのでは?実践してみましょう。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

長女の良い顔 [育児]

昨日は長女の習い事のお迎えに行きました。

帰り道、長女が嬉しそうに言います。

あんな、50m走測ってんけどな、めっちゃ早かってん。うふふ。

おお、そらよかったな!

何秒やったと思う?うふふ。

え?うーん、9秒前半くらい?

いやあ。うふふふ(口半開きで半笑い)。パパ何秒やったっけ?

パパ?もう三年前やけど、7秒87やったかな?

あ〜、パパにはちょっと負けたわ。うふふ。

いや、7秒47やわ、確か。100mが13秒87やったからな。まさか、アンタ、8秒台やったん?!

え?うふふふふ。まあ、ママ来たら話すわ。

あ、ママや。

ママ!50m走すごかってん!8秒1やで!

おおー。


と言った会話をしました。タイムも凄いけど、嬉しい顔が一杯見れたことが幸せ。子どもの喜ぶ顔は何度見ても良いもんです。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

やれば出来る子YDKはやってないから出来てない子YDK [育児]

塾に入れたいパパです。

長女の中間テストが終わり、偏差値が帰ってきました。小学校の成績から、90点前後でまとめて来るだろうと思っていたらなんのなんの。まあまあの成績で帰ってきました。本人はかなり悔しかったらしく、パパになじられるのが嫌で詳しく見せません。
思いのほか低かった点数に驚いた父、頑張ったんだから褒めて欲しい長女、頑張ったから褒めてあげた愛する妻、褒めない父に苦言を呈する次女(笑)。
平均点は低かったから良いのだ、と言われて困りました。自分の立ち位置がわからないとどんだけやりゃ良いのかわからんがなと。
偏差値が出て、長女はようやく自分の立ち位置を把握しました。

一対三でパパ不利ですが、譲るわけにはいきません。

定期テストは分かっているか否かを確認する試験ではなく、結果を出しに行く試合です。私は自分の中学時代、それを分かっていなかった。高得点を取るために試験勉強を頑張る人たちをぼんやり見ていました。気付いた頃にはもう選択肢は決まっていました。

やれば出来る子YDKはやってないから出来てない子YDK、やらないと出来ない子YDK。

長女は自分に自信がありません。やっても出来ないと思っています。全部100点なんか無理、と思っています。

違います。

やってないんです。出来る子よりも少ない時間しかやってないんです。やり方も自分で考えて遠回りをしているはずです。時間は短い、遠回りをしている、これで出来るわけがない。ここは間違えてはいけません。
やらなかったから出来なかった子YDKにしてはいけない。
少なくとも塾に通わせれば遠回りは避けられるでしょう。

出来るようにならないといけないのは中一から。

それじゃあ、これをいつやるか?
今でしょ!

いよいよ受験を見据えた活動が始まります。
勉強とそのほかの両立は大変。長女はバスケ部、ピアノ、習字、学校外のバドミントン。やりたいこと山盛りです。
タイムマネジメントは親のサポートが必要でこっちも大変。
まずは妻とのベクトル合わせからです。

そう思うと、中学受験の方が期間がみじかいので親は楽かもしれませんね。親が楽をするためにお金を払い、心配なく6年過ごす。これが中学受験の本質なのかもしれません。

しん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog